朝倉郡筑前町の指定文化財(史跡・天然記念物・民族文化財・建築物)

barber

指定文化財とは、建造物、絵画、工芸品、彫刻、書跡、典籍、古文書、考古資料、歴史資料等の有形の文化的所産で我が国にとって歴史上、芸術上、学術上価値の高いものの総称です。

筑前町には、歴史的に貴重な文化財が多数存在し、観光スポットとして観光客に人気のエリアとなっています。本記事では、筑前町にある主な文化財をご紹介します。

福岡県朝倉郡筑前町内の主な文化財

焼ノ峠古墳(やきのとうげこふん)

焼ノ峠(やきのとうげ)古墳は、筑前町と小郡市をまたぐ城山から北に派生する、標高56mの丘陵上に位置する古墳(国指定史跡)です。古墳時代前期にあたる3世紀後半に造られました。九州最大となる全長40.5mの九州では極めて珍しい前方後方墳で、当時この地方一帯を治めていた首長の墓と考えられています。周溝からは、二重口縁壷(にじゅうこうえんつぼ)や広口壷(ひろくちつぼ)が出土しています。

住所:〒838-0212 福岡県朝倉郡筑前町四三嶋239-115
電話番号:0946-42-3121(筑前町役場教育委員会文化財室)
定休日:無休
料金:無料
駐車場:3台
アクセス情報:「筑後・小郡IC」から約10分
ウェブサイト:筑前町公式サイト

仙道古墳(せんどうこふん)

古墳時代後期の円墳で二重の周溝(しゅうこう:古墳の外側や住居の内側などをめぐる溝)をもちます。周囲には「柵型円筒埴輪(さくがたえんとうはにわ)」や「盾持武人埴輪(たてもちぶじんはにわ)」がぐるりと配置された国指定史跡。九州では珍しい「盾持武人埴輪」がほぼ完全な形で出土したことで知られる装飾古墳です。石室には、赤や緑で丸や三角などの不思議な絵が描かれており、春と秋には一般に公開されます。あずまやには、原寸大の石室模型があり、こちらはいつでも見学可能です。

住所:〒838-0802 福岡県朝倉郡筑前町久光111-2
電話番号:0946-42-3121(筑前町教育委員会文化財室)
定休日:無休
料金:無料
駐車場:20台
アクセス情報:甘木行きバス「久光」下車、徒歩約15分
ウェブサイト:筑前町公式サイト

観音塚古墳(かんのんづかこふん)

砥上観音塚古墳(とかみかんのんづかこふん)は、福岡県朝倉郡筑前町砥上にある古墳。形状は円墳。筑前町指定史跡に指定されています(指定名称は「観音塚古墳」)。6世紀末から7世紀初の円墳です。規模は直径約30メートル、高さ約3.5メートル。石室は横穴式(よこあなしき)石室で、めずらしい前・中・後の三室構造となっています。後室入り口の南袖石(そでいし)と、奥壁に赤色の顔料で円文・星や舟状文が描かれています。

住所:〒838-0223 福岡県朝倉郡筑前町砥上45-1
電話番号:0946-42-3121(筑前町教育委員会文化財室)
定休日:無休
料金:無料
駐車場:なし※麓の砥上神社(朝倉郡筑前町砥上980)に5台分の駐車場あり。
アクセス情報:西鉄大牟田線筑紫駅から麓の砥上神社まで車で20分。砥上神社から古墳まで徒歩で25分。
ウェブサイト:筑前町公式サイト

上高場の大藤(かみたかばのおおふじ)

上高場大神宮の境内にある大藤で、あたりに良い香りを漂わせ、今では町のシンボルとして町民に親しまれています。明治22年に現在地に移植した記録が残り、樹齢100年以上で根回り約2.7m、藤棚面積約420平方m、花房の長さは約1.2m。町の天然記念物に指定され、現在「藤の里公園」として公園整備されています。満開になる4月下旬には「大藤まつり」が開催されます。

住所:〒838-0821 福岡県朝倉郡筑前町上高場1793-1 藤の里公園
問い合わせ先:筑前町企画課(0946-42-6601)、あさくら観光協会(0946-24-6758)
駐車場:7台※シーズン中は50台(隣の公園が臨時駐車場)
アクセス情報:西鉄バス「栗田」から徒歩約10分
ウェブサイト:筑前町公式サイト

松峡八幡宮の大樟(まつおはちまんぐうのおおくす)

大樟(おおくす)の根回りは12メートルで、高さは30メートル。樹齢千年を超えるものと考えられ、江戸時代に貝原(かいばら)益軒(えきけん)により記された『筑前国続風土記』の中に、この神社の記述があり、この木についての記載も残っています。現在は根元が空洞となり、そこに樫が自生しています。またこの神社は、神功(じんぐう)皇后(こうごう)の遠征の折りに行宮とされた松峡宮(まつおのみや)に推定されています。

住所:福岡県筑前町栗田605
電話番号:0946-42-3121(筑前町教育委員会文化財室)
営業時間:参拝自由
駐車場:なし
アクセス情報:西鉄大牟田線筑紫駅から車で25分
ウェブサイト:筑前町公式サイト

砥上神社(とかみじんじゃ)のイチイガシ

イチイガシは、ブナ科コナラ属アカガシ亜属の常緑高木。関東地方以西の本州、四国及び九州に自生するカシの仲間です。砥上神社境内の8本のうちの3本が文化財に指定されていて、高さ約27メートル、胸高周囲3.8メートル。砥上神社境内は、昭和49年6月に環境指標の森として県の指定を受けています。

住所:〒838-0223 福岡県朝倉郡筑前町砥上980-1
電話番号:0946-42-3121(筑前町教育委員会文化財室)
定休日:無休
料金:無料
駐車場:砥上神社境内に5台
アクセス情報:西鉄大牟田線筑紫駅から車で20分。
ウェブサイト:筑前町公式サイト

追分石(おいわけいし)

江戸時代の初め頃の道標で、「右 肥後 薩摩道」(天下道)、「左 豊後 秋月 日田 甘木道」と記されています。石櫃(いしびつ)は、当時山家宿の下宿として賑わい、道標は山家宿の問屋、武作が世話人となって設置したとされています。

住所:〒838-0225 福岡県朝倉郡筑前町石櫃39−2
電話番号:0946-42-3121(筑前町教育委員会文化財室)
定休日:無休
料金:無料
駐車場:なし
アクセス情報:甘木行きバス「石櫃」下車、徒歩約3分
ウェブサイト:筑前町公式サイト

大己貴神社(おおなむちじんじゃ)

我が国で最も古いといわれている神社のひとつです。神功皇后が新羅討伐の兵士を集めるために太刀・矛を奉納し願いを立てた、戦勝を祈願したという言い伝えがある神社。また、邪馬台国(朝倉説)の重要な神社といえます。縁結びや商売繁盛のご利益があり、古い絵馬も見事です。毎年10月23日には700年以上続く秋季大祭「おくんち」が行われ、みこしを出して地元の老若男女が参加する「神幸行列」や、舞姫による「浦安の舞」が奉納されます。

住所:〒838-0811 福岡県朝倉郡筑前町弥永697-3
電話番号:0946-24-5805(大己貴神社)
営業時間:9:00~17:00(お祓いは要予約)
定休日:参拝自由
駐車場:20台
アクセス情報:高速道路「筑後小郡IC」から約20分
ウェブサイト:大己貴神社

ABOUT ME
岩下隼人
岩下隼人
フクオカバーバープレイス広報担当
福岡県朝倉郡筑前町のメンズ理容店「フクオカバーバープレイス」の広報担当として、新規のお客様や既存のお客様に満足いただけるようなお店の情報発信を行っています。
また、ロイヤル合同会社の代表も兼務して、新しいことに挑戦している人や、頑張っている会社を応援中。ときどき取材記者(ライター)。
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました